スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱーふぇくと。



Perfect World Aqua Timez
 
反抗期の悲鳴にも似た 曖昧でじれったい感情
確かな理由なんてないけど この場所にはいたくない

この空しさは何処から来て何処に行く 悲しみとはまた少しだけ違う
心に開いた穴を吹きぬける風が 冷たくて キリキリと痛む

幸せのあてはないけど どこか遠くへ行きたかった
満たされぬ想いが 幾重にも重なり
駆け抜ける まるで生き急ぐかのように

闇の底 光の頂上 善と悪が同居する心
綺麗事では 隠しきれない弱さを誰もが持ってる

もしも願い事が一つ叶うとして 思い通りの世界を手にしても
またすぐに何かが足りないと嘆いて ここじゃない何処かに思いを馳せるんだ

霧の向こうにあるのが 夢見た世界なのだろうか
本当の勇気とは そこに行く事なの?
辿り着くことで悲しみは 消え去るの?

なんとなくの中で 確かなものに出会う
足元に咲く一輪の花 その場所で 深く根をはる

幸せのあてはないけど どこか遠くへ行きたかった
満たされぬ想いが 幾重にも重なり
駆け抜ける 駆け抜けて わかったこと
僕は何処まで行っても 僕でしかないということ
いわゆる一つの 諦めにも似た
決意で生きてゆく 命ある限り
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。